◇ たかちろ・D I Y ◇

作品アイディアや作り方・工具のレビューなど記事にしています(^^)/

【工具】KIMO 20v 充電式ブロワー 意外と使える! 安いのにパワフル! Xufeng

どうも、たかちろです!

 今回はこちら!

youtu.be

KIMO 20v充電式ブロワー !

 

前回は

マキタの10.8v充電式ブロワー

をやりました

f:id:takachiro:20201119230636j:plain

 

アマゾンで販売されている

KIMOというメーカーで

今回は比較していきます!

 

【開封】

 中身は

 

・本体

・充電器

・バッテリー1個

・日本語で書かれた説明書

 ・ブロワーノズル

 ・延長用チューブ

 ・ダストバック

f:id:takachiro:20201119231121j:plain

 

・価格

(充電器とバッテリーを含む)

7~8000円

 

・重量(本体のみ)

マキタ10.8v:1088g

KIMO:853g

 

200g程、

KIMOの方が軽く

持ってみても

はっきりと差が分かります

 

・素材感

本体は触った感じだと

すごいプラスチック感

はあるかなと思います

f:id:takachiro:20201119231750j:plain

 

・バッテリー 

 4灯で点灯

 

f:id:takachiro:20201119231955j:plain

 

ダストバックは

 少し生地が固く

 

通気性も

あまり風を通さない感じです

f:id:takachiro:20201119232040j:plain

 

ノズルの着脱の固さは

少し固く

延長チューブは

もっと固いです

 

ちょっと

握力が必要かなと思います

  

延長ノズルの

取り付けが固いっていう部分を除けば

価格相応だと思います

 

【実践】

操作は

トリガーで

無段階調整です

f:id:takachiro:20201119232756j:plain

 

パワーは

結構強いです

 

 ↓ブロワー

f:id:takachiro:20201119233026j:plain

 

↓集塵

f:id:takachiro:20201119233237j:plain

 

粉を大量に

吸おうとすると

 

静電気がバチバチ!っと

手に流れてきました…

 

大量でなければ

全然問題はなく

なぜか

この日だけの現象でした…

 

 

【実験】

テニスボール(約60g)を入れた

四角い筒に

下からブロワーを当て

どれぐらい浮くか

という検証をやります

 

f:id:takachiro:20201120194200j:plain

 

新潟精機さんのスパイラルメジャー

をくっ付けて測ります

f:id:takachiro:20201120194110j:plain

 

マキタは10.8vで

KIMOは20vで

バッテリー電圧に差はありますが

比較をやっていきます

 

まずは

マキタの10.8v 充電式ブロワー!

f:id:takachiro:20201120194535j:plain

 

最初は

24~5㎝ぐらいまで上がり

その後

21ぐらいのとこで

安定しました 

 

最大は

33㎝まで上がりました

 

次は

KIMO20vの充電式ブロワー!

f:id:takachiro:20201120195046j:plain

 

最初は

36~7㎝ぐらいまで上がり

その後

26~7㎝ぐらいのところで

安定しました

 

最大は

42cmまで上がりました

 

パワーはKIMOのほうが

まぁまぁあると思います

 

 

バッテリーの駆動時間は

25~30分

使用できていました

 

駆動時間は

良い方ですね

 

集塵する際の

グリップとレバーから感じる

静電気は気になりますが

作業用手袋を着用すると

多少は緩和されるかと思います

 

風量強く

時間長く使えるので

個人的にはいいと思います!

 

 

もしよろしかったら

YouTubeチャンネル登録

お願いします

 

最後までご覧いただきありがとうございました