◇ たかちろ・D I Y ◇

作品アイディアや作り方・工具のレビューなど記事にしています(^^)/

【工具検証】TD111 vs WH12DD マキタとHiKOKIのインパクトでビス打ち検証しました

どうもたかちろです!

今回はこちら↓

 

 

 

f:id:takachiro:20200512172124j:plain

この2台のインパクトを使ってビス打ち検証します

バッテリー1回の充電でビス何本打てるのかという検証です!

 

 

 

この検証については

動画で投稿したものと同じ内容になります!

もしお時間あるかたは是非動画も見て頂ければと思います!

  リンク https://youtu.be/GyUNadIk_vA

 

 

 

では早速検証行いますが

その前に、前回と前々回のレビュー動画で紹介していなかった機能にも触れたいなと思います

 

 

 

基本的なドライバーの性能としては変わらないのですが

ドライバーを保護すための機能といいますか

本体に異常があったりとか誤作動があったときは自動で止まってくれるという機能があります。

 

 

 

 

こちら

f:id:takachiro:20200510213818j:plain

本体が熱くなったりとかドライバーが大きな負荷が掛かっている場合

LEDライトが点滅してお知らせしてくれるというものです

これらのライトが点滅した場合は、上記の対処要領に従ってくださいとのことです

 

 

 

 

この機能については説明書を見る限りマキタのTD111には見当たらなく

HiKOKIのWH12DDだけ(HiKOKIの他モデルについては不明)

のようです。

 

 

 

 

 

ドライバーの誤作動によるオートストップ機能

こちらについては、

TD111・WH12DD共にこの機能はありますが

WH12DDは5分以上の連続回転で停止とのこと

こちらについては実証してみたいと思います!

 

 

 

 

 

↓実際に実証する様子↓

この2台の他に1万円以内で購入することが出来るインパクトドライバー

コメリのBID108もこの実証に加えてみたいと思います

説明書を見る限り、ドライバーの自動停止機能は無いように見受けられますが

とりあえず実験です!

 

 

 

f:id:takachiro:20200510211217j:plain

動画ではドライバーの先端が回転しているのがわかるようにマスキングテープを旗の様に目印にして回転させます!

 

 

 

 

実際に回転させます!

3台あるのでトリガー(スイッチ)はクランプで固定しています

f:id:takachiro:20200510211357j:plain

 

 

 

 

途中トラブルなどもありましたが・・

スイッチいれてから

およそ5分後・・・

 

 

 

 

f:id:takachiro:20200510234933j:plain

WH12DDは説明書通りの時間で停止しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからおよそ1分後

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:takachiro:20200510235005j:plain

マキタのTD111が停止しました

連続回転は6分10秒ほどでした

 

 

 

 

 

コメリのインパクトについては

その後10分以上経過しましたが

止まる様子がなかったので強制終了しました・・・

f:id:takachiro:20200510235050j:plain

 

 

 

 

 

この機能は工具を車などに積載して移動される方にはとてもいい機能なの

かなと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは本題のビス打ちに検証に入りたいと思います!

 

そして、前途した警告ライトの点滅・・

もしかしたらビス打ちの連続使用で点滅するのかな、なんて思って

今回は休まずバッテリーが切れるかまたはモーターが熱くなって警告ライトが点滅するのかというのも兼ねて検証しようかなと思います!

ちなみにこの機能はHiKOKIだけなので、

最初にWH12DDからビス打ち始めます!

 

 

 

↓検証開始↓

使う材料はSPF材の2×4

打ち込むビスは65mmの径が4.2のビスです 

 

 

 

まず最初は全然平気だと思うのでバンバン打ち進めます

 

f:id:takachiro:20200510212707j:plain

 

しばらく打って

ライトを確認しながら

また打ってを繰り返し

 

f:id:takachiro:20200510212721j:plain

なんか点滅する気配がない・・・

 

 

 

 

 

やがて・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

f:id:takachiro:20200510212850j:plain

ドライバーが止まった・・・(笑)

 

 

 

 

 

 

念のため予備バッテリーに変えて

f:id:takachiro:20200510212910j:plain

連続回転させたり

少しビスを打ったりと

 

 

 

 

格闘する事60分くらい

 

 

点滅しなかった

 

 

 

この程度でくたばるHiKOKI様じゃないぞと言わんばかりに

圧倒的な駆動時間に負けて僕は敗北しました

 

 

 

 

 

続いてマキタのTD111!

HiKOKIと同じ条件で休まずビスを打っていきたいと思います!

 

 

f:id:takachiro:20200510212937j:plain

最初は順調!

 

 

 

 

中盤も打ちみスピードは変わることなく

打ち続けて行きました!

 

 

ビス打ちのスピードは80本くらいまでは一定で

それ以降は少し弱ったかなと感じるくらい

でも打てないことはなく、最後までビス打ち本数を確かめたいので

このまま打ち続けます!

 

 

f:id:takachiro:20200510213022j:plain

で、やがてバッテリーは尽き果てました・・・・

 

 

 

集計!

 

 

 

 

 

今回の検証結果についてはこちら・・・

 

 

 

HiKOKI WH12DD は102本

マキタ TD111は115本

 

 

 

 

という結果になります

 

 

で、ついでにLEDライトの明るさも比較してみました!

f:id:takachiro:20200510213058j:plain

マキタの方が明るいかな?

 

 

 

 

 

 

 

はい、今回はこんな感じで

検証を終わりたいと思います!

ビス打ちの本数の差はそこまで大差はありませんが

若干マキタが多く

以前比較したビス打ちの性能なども考慮すると

ほとんどの場合はマキタの10.8vを選んだ方が間違いは無いと思いますが、

 

 

マキタには無い機能などもありますので

本当に必要な方にはHiKOKIのWH12DDも良いのかなと思います!

個人的にデザインはHiKOKIの方が好きです!

 

 

 

そんな感じで今日はこの辺で終わります!

また次回もDIYに関する事投稿しますのでよろしくお願いします!

最後まで見て頂きありがとうございました!